■下心のある宣教になってないか?

6年前に教会開拓を始めた阿部頼義牧師は、未信者の方々と繋がるために様々な方法を試していましたが、イベントに人は集まるもののなかなか成果を実感できないでいました。
ある時、教会に繋がっていた難民申請者カメルーン人のマイさんが入管管理局に逮捕されたことをきっかけに、難民支援の道を歩み始めました。

マイさん救済のために、周りの人々に助けを求めたところから、教会の外の人たちとの繋がりが生まれ、神の国を立て上げる働きに深みが増しました。
どのようにしてその道が拓かれたか、興味深い話をご覧ください。

 

動画の続きを観るにはコチラ